高感度

Koukando

好感度ランキングではありませぬ。写真の高感度のことである。

以下、数行は写真に詳しい人はすっ飛ばして読んでください。

高感度とは明暗とシャッタースピードが関係してくるシロモノで、ISO100

とかISO400で表される。数値が低いと暗いトコは苦手だが、フィルムで

いうところの粒子が細かくなる。つまり、キレイに撮れるってことだ。

ISO1600と数値が高くなると、暗さと速い動きにはめっぽう強いが、

粒子が荒れる。つまり、ジャギジャギの画質になってしまう。

ところがですね、私が使っているFinePixは、超キレイ系の高感度で

撮れる。なにも私がエライわけではなくて、カメラがお利口さんなのだ。

他社機も高感度が撮れることは撮れるが、画質が落ちたり、暗部(夜空

なんかの黒いとこネ)にシャッシャッシャッとヘンテコリンな線が入ったり

する。いろんなメーカーの最新機種を撮り比べる仕事があるので、

FinePixの高感度がダントツでキレイなことは自分で実感している。

さてさて、この夜景はお台場のホテルの庭。こんなに鮮明に写って

いるが、私はなぁんにもやっていない。ただ、オートで撮っただけである。

オートだけど、カメラ側が「あ、暗いのね。じゃ高感度で撮りましょね」と

自分で判断してくれるのである。なんて、いい子なんだろう。

ま、正確に言えば、私だって少しは協力した。ちゃんとデシカメをテーブルに

置いて、セルフタイマーで撮った。これはブレを防ぐための裏ワザである。

つまり、私程度の人間は、必ず手ブレ&シャッター押しブレがある。

テーブルに置けば手ブレはしないし、セルフタイマーにすればシャッターを

押した反動によるブレもないってもんだ。あれ?手ブレ防止もカメラに

まかせればいいじゃないか!と言う人もいるだろう。残念でした。手ブレ防止

機能を働かせると、カメラ側がデジタル加工処理を施すので、色合いも

輪郭もなんだかギクシャクとした不自然な画質になってしまうのです。

ナチュラルな美しい写真を撮りたければ、ブレ系統は撮り手がひと工夫

すべし。ま、ブレないような技術が私にあれば問題ないことなんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

えいごとえいが

Eiga

映画をよく見る。と言っても、レンタルでホームシアター組だけど。

宿願でもある英会話上達のためでもある。なんとしてもロケ先で

やりとりができるようになりたいと、30代前半に大枚払って、由緒ある

英会話学校に通った。高いお金を払えばマジメに通うだろう、やる気

にもなるだろうと思ったのだが、ここは授業料が高いだけでなく、

先生たちの‘おプライド’も高く、ちょっと私が口篭もったりトチったり

すると、大げさにため息をついたり、チッと舌打ちされたりしたから、

通うのがいやになってしまった。自分でもヒアリングは少しよく

なってきたと実感していただけに残念だったが、この上、英語まで

キライになりそうだったので通うのをやめた。やめてしまうと元の

木阿弥。それでは払った授業料がもったいないので、独学の道で

細々と続けることにした。友人のレイコさんはハワイに語学留学し、

その後も勉強を続けておられる。私も見習おうと思ったが、私の

場合、アメとムチのアメだけほしい軟弱な性格なので、続けるため

には好きなことでなければなるまいと映画を観ることにしたのだ。

ところが、映画鑑賞は大して英会話上達にはつながらなかった。

面白い映画だと入り込んでしまい、会話をヒアリングするなんこと

ぜんぜんしてないからだ。特に展開が速い24にいたっては、銃を捨てろ!

以外、字幕を追いかけっぱなしで、ちっとも役に立たなかった。

映画を頻繁に見るようになってから、タイトルや俳優名、感想などを

ノートに綴り始めた。もうすぐ800本になる。英語には役立たなくても、

シナリオの完成度やカメラワークのうまさはわかるようになってきた

ので、ま、ヨシとする。

ところで、私の映画観は偏っているらしい。まずホラーはNG。夜中に

トイレへいけなくなっちゃうからね。ハリポタやロードオブザリングなどの

ファンタジー系も興味なし。スターウォーズも「ふぅーん」程度。

不公平になるといけないから、ちゃんと見ることは見る。食わず嫌い

では感想を述べる資格はないから,ね。

あれやこれや見て、CG合成系は好みではないとわかってきた。と、

こんなことをロケの時にスタッフと話していたら、「それでは映画好き

とはいえない。映画の醍醐味とはスターウォーズやハリポタにこそ

あるのだ」と言われ、またしても「ふぅーん」気分。私にとって大切

なのは、生身の人間がこんな想いをしたということ。気持ちのヒダが

描かれているタイプが私にとっては映画である。お気に入りは、

ギルバートグレイブやマグノリアの女たち、フライドグリーントマト、

ドライビングミスデージーなどなど。ちなみに映画鑑賞効果か

どうかは定かではないが、昨年、出かけたブリスベンロケでは、

なんとかヒアリング力はキープしているようだった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

勝地和紙

Washi

ギフト関連が大好物な体質である。いただく内容物ももちろん、嬉しいのだが、

外装に弱い。ラッピングペーパー、箱、リボン、紙袋に異常な執着心がある。

己のキレイ基準をクリアしたものは、なんでもキープ。もちろん、いつか使おうと

思って、しまい込むのだが、タチが悪いのは‘使わない’ことである。生来の

貧乏性が祟っているのか、もったいなくて使えないのである。従って、部屋には

空箱がトーテンポールのごとく積みあがり、包装紙はクルクルと巻いて筒の団体

となり、リボンは専用ケースに溢れ返り、紙袋にいたっては押入れの下段を占拠

している。自宅だけではなく、オフィスにもため込むものだから「そんなに外側が

好きなら、中身は入れなくていいね」とボスに言われる始末である。

先日、和紙の個展に行った。今回、出会ったのは島根県の勝地和紙。

佐々木誠さんによる作品である。彼は勝地和紙の唯一の継承者で、昔ながらの

製法に彼独自のセンスを加えて、繊細で微妙ないい色合いを生み出している。

和紙だが、どことなくプチバトーの美しいアースカラートーンに似ている。

タペストリーやクッションカバーにもなるほど頑丈ですと教わり、部屋の壁に飾る

ように2色を購入。その場で購入できてしまう個展というのは、体に毒である。

だって、ホントは全色、欲しかったのに、財布に聞いたら2色までと言われ、

身もだえしながら、諦めなきゃいけなかったからね。そしてお察しのように、

その戦利品は壁に飾られることもなく、大切に保管されている。

紙ファンのみなさま(いるのか、そんな人)、勝地和紙、おすすめです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)