« 『写真』の意味 | トップページ

こころの写真

Umitime1

‘写真’と関わって20年以上が経つ。まだ、うら若き乙女だった頃に

入社した広告制作会社のクライアントが某写真メーカーだったので、

おそらく他のコピーライターよりも写真や写真業界、写真文化には

詳しいと思う。他に自慢できるネタが乏しいので、数少ない自慢の

ネタはこうして大げさに公表することにしている。

日本の写真フィールドは人種的に分類すると「プロ」「アマ」「シロート」と

大別できる。「プロ」は当然、プロフェッショナルフォトグラファー。仕事の

形態やランクなどで細かく分かれており、ひとくくりにはできないが、

説明し出すと、ながぁーくなるのでまた別の機会に。とにかく、乱暴な

定義だが、写真でゴハンを食べている人たちがプロである。

次の「アマ」はアマチュアカメラマンたち。プロも顔負けの機材を持ち、

なかなかの腕前ではあるが、写真では食べてはいない。あくまでも

趣味である。「シロート」はひと昔前でいったら、フジカラーユーザー。

家族の日常や旅をスナップする思い出記録派である。

ここのところ、「アマ」の世界に異変が起きている。ちょっと前までは「アマ」と

言ったらガチガチの写真マニアを指していた。露出やシャッタースピードが

いくつだの、レンズは何ミリだの、カメラはドコ製だの、印画紙はナニナニ社の

ものだの、いわゆる技術論優勢型。人種としては高齢の方が多い。著名な

写真家を先生と仰ぎ、撮影会にもよく参加して、下手すると先生が三脚を

立てた隣に我が三脚を立て、同じような構図を狙っている。ここ数年で私が

感じているのは、この技術論アマではなく、感性で楽しむ人種が増えて

きたということだ。名付けるなら、新感覚アマ。このタイプに多いのは女性、

しかも若いお嬢さんたちである。絞りがいくつだのはあまり関係ない。ただ

「わぁー、キレイだな」「気持ちいい光景だな」という感じたままの心を写真に

描いていく種族である。旧アマの写真は「どこかで見たことがあるなぁ」と

いうようなあまり心の琴線に触れない作品が多いが、新感覚アマたちの

写真はストレートに心に響く。難しい写真論は省くが、要は見ていて

気持ちいい写真たちなのだ。私はこっちの方が好きなので、新感覚アマの

出現は嬉しい現象である。

Umitime2     Umitime3

そんな新感覚アマたちの写真展を見てきた。私の弟分の若手カメラマン

‘むらい さち’が主催するフォト講座のメンバーたちによる共同写真展で、

会場も横浜の山手にあるエリスマン邸というコジャレた洋館である。

フレームは自分たちでヤスリをかけ、白ペンキで塗った手作り。

「うみたいむ」という写真展タイトルにふさわしい心地よいシーブリーズが

感じられるいい写真展だった。写真は脳みそで撮るものじゃない。心で

感じたなにかを描くキャンバスと絵筆である。彼らはそれを誰に教わるでも

なく、自然に体得している。残念ながら私自身には絵心がまったく欠如して

いるので、技術論から離れて自由に描き出した彼らの応援団長をして

いきたいと思っている。

|

« 『写真』の意味 | トップページ

「ステキだったこと」カテゴリの記事

コメント

みづきちゃん
コメント、ありがとうございます。
モルジブで撮った写真も見せてくださいね。


チヨカちゃん
プロ写真家の写真展とは違って、肩にチカラが入らず、
適度にゆるーくて、気持ちのいい写真ばかりでしたよ。
次回はお知らせするので、行ってあげてください。

投稿: tama | 2007.09.03 20:20

行きたかったなぁ。。気持ち良さそうな写真展でしたね。シャチさんみなさんお疲れさまです。気持ちのよい事がいっぱい増えるといいなぁ。

投稿: チヨカ | 2007.09.03 19:18

うみたいむ☆でお会い出来てうれしかったです♪
新感覚アマ・・・なんですね私たち 笑
好きなものを好きなように撮って それが楽しくて楽しくて ただの自己満足だと思っていたのに たくさんの人に喜んでもらえて とても嬉しいです☆

投稿: mizuki☆ | 2007.08.28 00:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115703/16255740

この記事へのトラックバック一覧です: こころの写真:

« 『写真』の意味 | トップページ