« 豊作 | トップページ | メグライアンになった日 »

高感度

Koukando

好感度ランキングではありませぬ。写真の高感度のことである。

以下、数行は写真に詳しい人はすっ飛ばして読んでください。

高感度とは明暗とシャッタースピードが関係してくるシロモノで、ISO100

とかISO400で表される。数値が低いと暗いトコは苦手だが、フィルムで

いうところの粒子が細かくなる。つまり、キレイに撮れるってことだ。

ISO1600と数値が高くなると、暗さと速い動きにはめっぽう強いが、

粒子が荒れる。つまり、ジャギジャギの画質になってしまう。

ところがですね、私が使っているFinePixは、超キレイ系の高感度で

撮れる。なにも私がエライわけではなくて、カメラがお利口さんなのだ。

他社機も高感度が撮れることは撮れるが、画質が落ちたり、暗部(夜空

なんかの黒いとこネ)にシャッシャッシャッとヘンテコリンな線が入ったり

する。いろんなメーカーの最新機種を撮り比べる仕事があるので、

FinePixの高感度がダントツでキレイなことは自分で実感している。

さてさて、この夜景はお台場のホテルの庭。こんなに鮮明に写って

いるが、私はなぁんにもやっていない。ただ、オートで撮っただけである。

オートだけど、カメラ側が「あ、暗いのね。じゃ高感度で撮りましょね」と

自分で判断してくれるのである。なんて、いい子なんだろう。

ま、正確に言えば、私だって少しは協力した。ちゃんとデシカメをテーブルに

置いて、セルフタイマーで撮った。これはブレを防ぐための裏ワザである。

つまり、私程度の人間は、必ず手ブレ&シャッター押しブレがある。

テーブルに置けば手ブレはしないし、セルフタイマーにすればシャッターを

押した反動によるブレもないってもんだ。あれ?手ブレ防止もカメラに

まかせればいいじゃないか!と言う人もいるだろう。残念でした。手ブレ防止

機能を働かせると、カメラ側がデジタル加工処理を施すので、色合いも

輪郭もなんだかギクシャクとした不自然な画質になってしまうのです。

ナチュラルな美しい写真を撮りたければ、ブレ系統は撮り手がひと工夫

すべし。ま、ブレないような技術が私にあれば問題ないことなんだけどね。

|

« 豊作 | トップページ | メグライアンになった日 »

すきなもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/115703/14887375

この記事へのトラックバック一覧です: 高感度:

« 豊作 | トップページ | メグライアンになった日 »