« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

今年は充実

06xmas

事務所もクリスマスモードに入った。

というか、私が勝手に飾り付けているだけである。チカチカの

イルミネーションに弱いらしく、わぁいわぁい成分が血液中に

増殖するため、この時期になると自分を抑えられない。社員に

こんなことをさせてくれるなんて、心の広いボスなのである。

玄関を入ると、このセットがドーンとあるので、ご来社された

お客様に「ここってホントに会社なの?」とよく聞かれる。

いーのいーの。一日の大半をここで過ごすんだから、ほんの

ちょっとでも楽しくしないといけないの。

実はこの時期ではなくても、うちのオフィスはおよそオフィス

らしからぬ飾り付けが随所にある。海外で仕入れてきた

オブジェや雑貨たち。以前、友人が遊びに来た時に「あんた、

いいかげんにしなさいよ。勝手にこんなことして」と叱られたが、

大きな勘違いなんざますの。これらはすべてボスが買い集めて

自身で飾っているんざますの。

海外の空港で「ヒー ライクス ア ジャパニーズマフィア」と

言われたほど、ちょっと見にはコワモテのボスだが、本性は

飾り付けが好きな愛すべきオジサンなのである。だから「ボクは

仏教徒なのでクリスマスは関係ない」と言いつつも、私が飾り

付けを始めても反対はしないのであった。

手前の小さな赤いツリーはアドベントカレンダー。1日から24日

まで箱があり、その中にはキャンディが入っている。欧米の

子どもたちが大好きなもので、一日、ひとつずつ食べながら、

聖夜がくるのを指折り数えて楽しみに待つのである。以前から

欲しいなと思っていたものを今年、スターバックスで見つけて

ソク購入。おかげで我が社のクリスマスモードは一気に

充実した。その他はボスが買ったり、ロケの小道具だったもの

であり、決して私が経費でそろえたものではありませぬ。

あしからず。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デビューその2

Ikea

連日、デビューを飾らせてもらって申し訳ない。なんだかとても華々しい人生の

ように見えるが、実のところ、小さなシアワセをおっきく感じるオメデタイ性格が

もたらす小デビューなだけである。

その2はイケア・デビュー。みなさん、もう行きました? なんと、まぁ興奮する空間

なんざましょね。約4時間、滞在したが、ずっとハイ状態。子どもが遊園地に行った

ようなものであった。

話は変わるが、海外ロケは撮影に必要なモノを現地で調達することがあり、実に

様々なお店に行く。州政府観光課などというツアー旅行では行かないようなトコロ

にもおじゃまする。そして、どのロケでも必ず行くのが巨大なスーパーマーケット。

スタッフの日々の生活品や小道具を買いに行くのだが、アメリカやオーストラリアの

スーパーは巨大で、興味深い商品がズラリと並んでおり、雑貨好きの私は天高く

舞い上がる。8月に行ったブリスベンでも、カポック(白レフとして使う1畳ぐらいの

発泡スチロールの板)が必要になり、DIYセンターに行った。これがもう戦艦が

すっぽり入るような広ーくて天井が高ーい巨大倉庫。カポック探しはカメラマンに

まかせて、不必要な商品を嬉々として見物して歩いた。イケアもこの類い。広ーい

空間に大好物がこれでもかと並んでいる。舞い上がらずしてなんとする。

写真は戦利品のほんの一部である。この他に実はラグマット、シーツ、布団カバー、

イス2脚、ラックと大量にお買上げ。だって、北欧の商品は適度にコジャレていて、

しかも安いんざますの。‘舞い上がる’にもいくつかレベルがあるが、針を振り切る

ほどの最高レベルの舞い上がり方だったことは想像できるでしょ?

イケアちゃん、スエーデンからはるばるとよぉくお越しくださいました。またね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

デビューその1

Halowin1  Maya  Noa_maya

我が社のボスの生家はお寺である。クリスマスシーズンに残業続きをボヤけば

「ウチは浄土真宗だからね、クリスマス、関係ないの」と説法されてきた。

だからというわけでもないが、ハロウインも未体験でここまで生きてきた(私が子どもの

頃は、日本には上陸してなかったしね)。そして今年。友人が誘ってくれて、いよいよ

ハロウインデビューを飾ることができた。パチパチ。実のところ、ERで見たり、

テキサス在住の友人のブログで見たりしていて、密かに羨ましく思っていたのだ。

祭り大好きオンナの私としては、血が騒がないハズはない。トリックオアトリートと

言ってお菓子をもらって歩きたいと熱望していた。しかも、ショーブの葉やユズが

お風呂に浮かんでいたり、笹に短冊を飾ったり、お月見だんごをこしらえる家に

育ったので、季節の風物詩は大好き。従って、このデビューはまことに嬉しい。

友人宅は外国人がたくさん居住している区域にあるので、川崎のパレードだの

梅ケ丘商店街のイベントだのの間違えちゃってるハロウインとはちがって、

ちゃんとアメリカンな雰囲気ではあった。ただし、参加している側に間違えちゃってる

人種が多々、混じってはいたが。あまりイベントの意味合いからズレてもどうかとは

思うが、暮らしを楽しむ心はいいんじゃないかな。

黒ネコちゃんと白ネコちゃんになった友人の娘たちも、嬉々としてお菓子を集めていた。

大きくなったら、私のようなお祭オンナになってね。その方が人生、楽しいからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »