« 2005年11月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年2月

おそれいりやのJUSOパワー

juso1    juso2

マイブームがコロコロ変わる。ここ数年ではビーズにレース編み、ERや24、

一眼レフ、スクラップブッキング、ロッテ選手の応援歌など多岐に渡ってはいるが、

とどのつまり、なんの役にも立たないものばかりだった。もちろん、世界平和など

には微塵も貢献しない。ま、自分の旬のハマリものだから、それでいいのだ。

ところが、最近のマイブームは、暮らしにリッパに役立つものなので、ここで

自慢しておきたいと思う。

それは重曹。別にペロリペロリとなめているわけではない。主に清掃方面で

ハマっている。ご存知の方も多いだろうが、重曹をパラパラとふりかけて軽く

こするだけで、これがキレイになるんですな。驚き桃の木山椒の木、恐れ入谷の

鬼子母神である。ハマり出すと徹底する性分だし、なんでも形から入る人なので、

吹き掛け用の霧吹きボトル、振りかけ用の塩入れ容器などのマイJUSOセットを

ずらりと揃えた。さらには、マニュアル本まで購入。このテキストによると、水に

溶かせばJUSO水となり、家具や壁にシュッシュッ吹きかけて拭き取れば、汚れが

きれいに取れるとある。教えのとおり、シュッシュッしつつ感動したのは、キレイに

なることはもちろんだが、安全であることの方だった。市販の化学清掃液を使う

時は、タオルで口や鼻を覆い、完全武装してコトに望む。「○○と混ぜないように」

「換気しろ」「マスクやメガネをしろ」だの表記されたこの類は、決して安全ではない。

料理にも使う重曹なら、吸い込んでもぜんぜん平気。もちろん、地球環境にも

迷惑をかけないで済む。

粉のまま玄関先などに置けば、消臭剤として働く。コジャレた小皿に入れ、ミントの葉

などを添えると、クロワッサン的な洒落っ気が出る。このマイブームのおかげで、

自宅と事務所の水道蛇口、ドア、壁、洗面台は新品同様にキレイになった。

以前にも清掃関係で役に立ったマイブームがあった。母が作る‘みかん水’である。

冬場、セッセと食べたみかんの皮を乾燥させ、なにかと混ぜて作るらしいのだが、

これは母に作る気がないと入手不可能なので、おととしの冬で終わってしまった。

しかし、この重曹はスーパーで簡単に手に入る。当分、ヒマがあれば重曹片手に

キョロキョロしつつ部屋を歩きまわっているにちがいない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いとしのこまめ

hikari   

出会いは昨年の初夏。知り合いの水中カメラマンから教えてもらって

訪れたブログで、こまめちゃんと出会った。これまで国内外、合わせて

延べ500人近くのチビッ子たちと会ってきたが、こんなにハマってしまった

のは初めてである。現在は、自称、ファンクラブ会長兼西麻布地区

支部長を務めている。

こまめちゃんはテキサスに住んでいる。だから、ママがほぼ毎日更新

してくれるブログでしか会えないのだが、ラッキーなことに新年早々に

会えるチャンスに恵まれた。生こまめはオモシロイですよーとママさんに

言われていたが、予想以上。ますますトリコになってしまった。

こまめママさんの写真の腕はすごい。さらに編集能力にも長けている。

ブログをご覧いただけば、その魅力はおわかりいただけるはずである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年4月 »